MacVimでRailsの開発環境を作る 〜MacVimインストールと初期設定〜

明けましておめでとうございます。
今年はブログの更新頻度を上げていきたいと思います。
いつまで続くか分かりませんが、日々の勉強したメモをこまめに追加していきますのでよろしくです。

vimでTextMateライクなスニペット補完が出来ると、どこかのサイトで発見したのを発端に去年の末からvimを触っています。vimはほとんど初心者ですが、TextMateライクなエディタを目指して構築中です。
まずは、インストールと設定、カラースキーマ・適当に必要なvimスクリプトを入れたので、そのメモです。

インストール

環境がMacなので、Mac版Gvimをインストールします。
macvim-kaoriya

必要なフォルダとファイルを作成

$HOMEに、.vimフォルダ、.vimrcファイルと.gvimrcファイルを作成します。
.vimフォルダは、vimで使用するカラースキーマやプラグインなどのファイルを保存するフォルダです。
.vimrcはvimとgvim両方で使用する設定ファイル、.gvimrcはgvimのみで使用する設定ファイルです。

設定

.vimrcと.gvimrcを編集します。

.vimrc

.gvimrc

設定の詳細については、以下のページが詳しく載ってます。
vim options

カラースキーマで色を変える

カラースキーマをインストールすることで、gvimの色を好きな色に変更することができます。
以下のサイトにプレビューが大量に載っていました。
カラースキーマ - 名無しのvim使い

適用する場合は、好きなカラースキーマのファイルをダウンロードし、$HOME/.vim/colorsにダウンロードしたファイルをコピーします。
コピー後、.gvimrcにカラースキーマの設定をすればOK。

vimプラグインのインストール

vimプラグインはとにかく数が豊富ですね。 入れたvimスクリプトは以下。

  • autoclose.vim
    • “({[を入力すると、自動的に閉じ記号を補完してくれる
  • EnhancedCommentify.vim
    • ビジュアルモードで選択した範囲にコメント記号を挿入/削除してくれる。詳しい設定は、こちら
  • yankring.vim
    • コピー履歴を保持し、履歴からペーストするテキストを選択できるようになる
  • FavEx.vim
    • フォルダ・ファイルをお気に入り登録し、登録したフォルダ・ファイルを開くことができる
  • mru.vim
    • 開いたファイルの履歴を保持し、開けるようにする
  • NERD_tree.vim
    • ファイルツリーを表示する
  • project.vim
    • gvimをIDEっぽくプロジェクトツリーを表示する

今日はここまで。

参考にしたサイト

ナレッジエース – Vim初心者的導入メモ 2/3 「vimrc設定」編
名無しのvim使い