Google Web Toolkitを触る その2 -Eclipseプラグインを導入する-

GWTをEclipseで動作させるプラグイン、Cypal Studioを入れてみます。

1.ダウンロード

下記のURLからダウンロードします。
http://code.google.com/p/cypal-studio/

ダウンロードしたZIPファイルを解凍し、eclipseのpluginフォルダへコピーします。

2.初期設定

コピー後、eclipseを起動し、初期設定。

ウィンドウ -> 設定を開き、「Cypal Studio」を選択。
下の画像の赤い部分に、GWTのインストールフォルダを指定します。

gwt_for_eclipse_1

3.プロジェクトの作成

初期設定が終わったら、早速プロジェクトを作成します。

右クリックから、新規 -> 動的Webプロジェクトを選択。
プロジェクト作成ウィザードで、構成に、「Cypal Studio for GWT」を選択します。

gwt_for_eclipse_2

4.アプリケーションファイルの作成

次に、GWTのアプリケーションファイルを作成します。

作成したプロジェクトを選択して右クリックから、新規 -> その他を選択。
新規ウィザードで、Cypal Studio -> GWT Moduleを選択します。

gwt_for_eclipse_3

「次へ」ボタンをクリックすると、「New GWT Module」という画面が表示されます。
この画面で、パッケージ・名前を任意に入力します。

gwt_for_eclipse_4

「Select the GWT Themes you want to use in the module:」部分に、デフォルトで「標準」にチェックがついているがこれを外します。
外さないとうまく動きませんでした。
(たぶんクラスが足りないと思われるが、調べる気もなくとりあえず外しました。。。)

これで完了です。
XMLファイル、HTMLファイル、JAVAファイルが作成されていると思います。

5.モジュールの編集

HelloWorldを表示したいと思います。

作成されたJavaファイルを編集します。

6.実行

作成されたモジュールのなかにXMLファイルがあるのでそれを右クリックし、「実行 -> Gwt ホスト・アプリケーション」を選択すると、Hostedブラウザが開き、実行されます。

gwt_for_eclipse_5

Hostedブラウザにある「Compile/Browse」ボタンをクリックすると、HTMLファイルとJavaScriptファイルがプロジェクトのbuildフォルダに生成されます。
このサンプルだと「MyGWT1.html」と「my.gwt.sample.MyGwt1.nocache.js」が生成されています。

Javaファイルを書くとJavaScriptファイルが生成されるのが素敵ですね。
デフォルトでタブ表示とかのクラスも用意されているみたいなので、詳しく勉強したいと思います。